【東京】江戸東京たてもの園 – ゴールデンカムイ聖地巡礼

小金井市にある江戸東京たてもの園に行ってきました。

江戸東京たてもの園とは

東京では江戸の昔から火災・水災・震災・戦災などにより、多くの貴重な歴史的建造物が失われてきました。そして現在もまた、社会・経済の変動に伴い、こうした文化遺産が失われつつあります。そういった現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指しているのが江戸東京たてもの園です。

この記事で紹介するのはゴールデンカムイに登場する建物ですが、千と千尋の神隠しやサラリーマン金太郎、プリキュアなど様々な作品に江戸東京たてもの園の建物が登場しているようです。

敷地面積は7ヘクタール。開拓の村の54ヘクタールを巡った後だと余裕に感じますが結構広いです。動きやすい服装をお勧めします。

 

ゴールデンカムイに登場する建物

それでは早速建物を紹介していきます。

 

小寺醤油店

まずは作中で何度も登場する小寺醤油店。

第6巻50話
札幌で杉元たちが武器を調達した三田火薬銃砲店

第6巻58話
茨戸での日泥と馬吉の抗争の背景

第28巻278話
杉元と花枝子の別れ際の背景

 

大和屋本店

第6巻56話
茨戸の一膳めし屋。土方が「お茶漬けに細かく刻んだ沢庵をのせてくれ」と注文したお店。(この建物の裏側が使われていたのですが撮り忘れました…)

 

仕立屋

第6巻56話
日泥の妾の千代子の家

 

三井八郎右衞門邸

第11巻103話
尾形のセリフの背景に描かれた花沢中将の家の屋根

 

武居三省堂

第16巻155話
ヤマダ曲馬団 扉絵背景

 

市生花店

第31巻314話(最終話)
梅ちゃんが働いているお花屋さん


314話では周囲の街並みもそのまま描かれています

 

おまけ:千と千尋の神隠しに登場する建物

江戸東京たてもの園は千と千尋の神隠しに登場する建物のモデルになっている事でも知られています。せっかくなのでこちらも紹介します。

 

子宝湯

油屋のモデルは台湾九份の阿妹茶樓、道後温泉の本館、銀山温泉の能登屋旅館などが有名ですが、実はたてもの園の子宝湯も油屋のモデルの1つなのだそうです。

昭和4年に足立区に建てられた銭湯を移築した物で、玄関の唐破風や七福神の彫刻、富士山の壁画、折上格天井など贅を尽くした造りです。私が子供の頃はまだギリギリこんな銭湯があったな…と懐かしい気持ちになりました。

 

武居三省堂

ゴールデンカムイの扉絵で登場したこちらの建物、中はなんと釜爺の仕事場になっています!

 

高橋是清邸

龍の姿のハクが飛び込んできた窓

独特デザインの窓枠とお庭のコントラストが美しいです。

 

おまけ:アイヌ料理店 ハルコロ

最後に…ファンブックに登場した東京のアイヌ料理店ハルコロを紹介します。

ハルコロは公式ファンブックの「団らん♪杉元一行の食卓を作ってみたッッ!!!」に登場した北海道・アイヌ・創作料理のお店です。

チポロラタシケプ、ルイベ、オハウ、エゾシカ、キトピロなど…作中で登場するメニューや食材を実際にいただけます。聞き慣れないメニューも沢山ありましたが、店員さんが楽しく解説してくださり美味しくお腹いっぱいに。スプーンにもアイヌ文様が施されていて細かい所まで素敵なお店でした。

壁には声優さんたちのサイン

入口には野田カムイのサインがあります!

東京たてもの園からは中央線と総武線で35分ほど。
視覚の次は味覚でもゴールデンカムイの世界に浸ってみてくださいッッ!

 

アクセス

江戸東京たてもの園
〒184-0005
東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
042-388-3300

ハルコロ
〒169-0073
東京都新宿区百人町1丁目10-1
03-3368-4677

 

【函館】ゴールデンカムイ聖地巡礼 【小樽】ゴールデンカムイ聖地巡礼 【網走】博物館 網走監獄 – ゴールデンカムイ聖地巡礼 【札幌】北海道開拓の村 – ゴールデンカムイ聖地巡礼