【網走】博物館 網走監獄 – ゴールデンカムイ聖地巡礼

ゴールデンカムイと言えばここ!な聖地、網走監獄に行ってきました。

博物館 網走監獄とは

博物館 網走監獄は、明治時代から実際に刑務所として使用されていた建物を保存公開している野外歴史博物館です。 古い建物では100年以上前の物もあり、太い梁や柱には囚人達が削ったあとが荒く残っています。歴史や囚人たちの生活を感じられる場所です。

中央見張を起点に放射状に建てられた”五翼放射状平屋舎房”は少人数の看守で効率的に全体を監視するための造り。「刑務所の中」「網走番外地」「ゴールデンカムイ」など様々な作品の舞台にもなっています。

 

ゴールデンカムイに登場するスポット

早速ゴールデンカムイの作中に登場するスポットを紹介していきます。

 

正門

まずは作中でも第1巻1話から度々登場する正門。

ゴールデンカムイ展の囚人紹介エリアの入口ではこの門が模られていました。

 

旧庁舎・典獄室

正門の奥に見えた白い建物は旧庁舎。
第13巻130話で犬童典獄が居た場所です。 典獄室の場所はシアターになっていました。

 

職員官舎

門倉看守部長が住んでいた職員官舎。
第13巻126話で杉元とキロランケがトンネルを掘り進めて辿り着いた場所です。

官舎の一部は休憩所になっていて中に入る事も可能。

 

見張り

第13巻126話などに出てくる高見張りと同じ形。
駐車場には高見張りがあったみたいなのですが見逃しました。

 

舎房

 

第13巻129話の会話に出てくる舎房の窓

「網走監獄の場合…舎房のすべての窓には鉄格子がはめられているが」

 

杉元・アシリパ・白石が侵入した天窓

「ただ唯一鉄格子のない窓がある 天窓さ」

 

中央見張り所

作中で何度も登場します。

 

懲罰房 通称:闇堂

第9巻83話 白石が入れられた闇堂。
作中の場所は樺戸集治監ですが、建物はこれと同じです。

 

教誨堂

第9巻85話で白石がシスター宮沢を見つけた場所
第14巻134話で犬童と土方が戦った場所
この建物の地下室にウイルクが拘束されていました

 

ミュージアムショップ

売店には網走監獄ならではのお土産や、ゴールデンカムイの限定グッズが多数取り揃えられています。

ゴールデンカムイのグッズではありませんが、囚人服を模したTシャツがあったので購入しました!

ショップの近くには野田カムイのサインもあります。

網走監獄といえばやっぱり白石!!!

他の聖地も巡りましたが、ダントツでゴールデンカムイを感じられる場所でした。

 

施設情報

〒 099-2421
北海道網走市字呼人1-1
TEL:0152-45-2411

 

【東京】江戸東京たてもの園 – ゴールデンカムイ聖地巡礼 【函館】ゴールデンカムイ聖地巡礼 【小樽】ゴールデンカムイ聖地巡礼 【札幌】北海道開拓の村 – ゴールデンカムイ聖地巡礼