【京都】安井金比羅宮

行く勇気がなくてずっと行けなかった安井金比羅宮…とうとう行ってきました。

安井金比羅宮とは

京都の東山区にある縁切り・縁結びの神社。

願い事を書いた形代を持ち岩を潜るという独特の参拝方法、大量の形代が貼られた岩の物々しさ、手段を厭わず縁を切ってくれるなどの噂が有名で、小さいながら全国から参拝客が集まる神社です。

 

『悪縁を切り良縁を結ぶ』と公式サイトにも書いてありますが、一説によると人が縁を結べる数には限りがあるらしく。新しい縁を結ぶには悪縁を切って縁の整理をする必要があるようです。

 

参拝方法

形代に願い事や名前を書き、それを持って岩を潜ります。(詳しくはこちら

 

安井金比羅宮に限った話ではないですが

・手水舎で手や口をきちんと清める事

・心の中で自分の名前、年齢、住所を言ってから願い事をする事

(どこの誰だか分からないと、神様も誰の願いの叶えようがないそうです)

・露出の少ない服装で参拝すること

(特にこの神社では岩を潜るので、短いスカートだと丸見えになります…)

・神社の敷地内で騒がない事

・願い事が叶った際にはお礼の参拝をすること

が大切です。

こんな噂も

縁切りのためなら手段を厭わないとも言われている安井金比羅宮。

祀られているのは崇徳天皇ですが、崇徳天皇の力だけで縁が切れているわけではなく…ここを訪れる人々の念の集合体が縁を切っているという話もあります。

私はそういう類のものを全く感じないタイプですが、分かる人が行くと凄いんだとか。人間の念は怖いです。

 

何はともあれ皆様の願い事が叶いますように。

基本情報

〒605-0823
京都市東山区下弁天町70
075-561-5127